海外FX事業者が取り入れているゼロカットシステムについて

海外では、FX取引において損害を被った場合、追加認証をすることなく一時利益をゼロとする事で口座資金をマイナスにすることなく取引を終えるというシステムがあります。このシステムは副業においては利点があるメリットで、損害を被る状況下に陥った場合、取引をすることなく自動で取引を中止することにあり受けた被害を抑えることが出来ます。

では何故、このシステムを国内FX事業者は取り入れないかについてですが、このシステム、問題もありましてそれは日本国内の取引法であった場合、FX事業者側は利益を得ることが出来ないのです。と言うのも、国内のFX事業者は多くは、為替交換における利益を得られた差額を貰うことで利益を得ることが出来るわけですから、言い方を悪く言えば、借金を作ってでも取引をして貰う人物がいれば儲かるのです。

つまり、どんな状況下でもよいのでとにかく参入者を増やした上で取引において差額が生まれれば利益を得ることが出来るのです。ただ、この考え方も問題がありまして、利用者側としてはマイナスの負債を一時的に自己が持つ現金で補い為替が自分の利益となるようになるまで取引を続けるか続けないかを選択する必要性に迫られる為、いってみれば利益を得るか損をするのかの2択なのです。

損をした場合においては多くの方は詐欺にあったようだというのは、日本国内のFX事業者の制度自体を把握しておらず、FX事業者が差額により利益を得ているが故損をした人においては多くは詐欺であるというわけです。逆に海外FX事業者の利益は、広告収入の他、トレードにおける手数料などがあり、これらから利益を得ているため、トレードに参加する人物を守る必要性に迫られ、生まれたのがゼロカットシステムなのです。

つまり海外のFX事業者は広告収入と手数料で賄われているが故、ある程度損害が生まれそうになった場合、トレードを中止させる処置をすればFX事業に参加している投資家を保護することが出来、投資家がほかに逃げることを防いでいるというわけです。その為、海外FX事業者は顧客を集める手段の中に口座開設キャンペーンの他ゼロカットシステムを採用しているかどうかを記載しているのは、投資家を保護する意味でゼロカットシステムを採用しており、その上でシステムを機能させることで投資家がよそに行くことを防いでいるというわけです。

その為、海外のFX事業者については詐欺であるという被害については、架空のFXトレード会社でトレードをしない限り詐欺であるということはあり得ないというわけです。架空の海外FX事業者の存在についても現在においては多数の海外事業者の解説をしているサイトがありますので、どのサイトが偽物であるかなど詐欺サイトの情報についても、簡単に分りますのでよほどうまい投資話に引っかからない限り詐欺にあうことも無いはずです。

このシステムは日本においてはやはり、利益を得ることが出来ないが故投資家の方については損をしていてもおそらくトレードに参加をするとみているがシステムとして取り入れていないと見てよいでしょう。しかし海外では投資家の方を守らないとたくさんの海外FX事業者がありますので顧客が逃げることを考えた場合、システムとして取り入れるしかなかったと考えられます。